「【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 春分の火鉢【バイノーラル・癒やし】」(ウタカタ)

【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 春分の火鉢【バイノーラル・癒やし】

【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 春分の火鉢【バイノーラル・癒やし】

サークル: ウタカタ
サークルHP:
発売日: 2018年03月28日 16時
ジャンル: 癒し バイノーラル 耳かき 手コキ

■プロローグ

季節は春分。

男は宿の予約をしていた。

その宿は人里離れた田舎町……秘境と言っていいほどの山間にあった。

町の雪は殆どみかけなくなり、こんもり山となった雪だけが冬の名残を残していた。

毎月一回、季節を巡るこの町を訪れるのは男にとって生活の一部となっていた。

いつもの道、そしていつもの宿……入り口から宿に入るとそこに一人、女性が立っていた。

【紅花】
「おや……見ない顔だね。あんた、この宿になんのようだい? ……予約? ふぅーん、なるほど……旦那様ってワケか。」

【紅花】
「残念ながら、今日は誰もいないよ。いるのはあたしだけ……どうする? 今ならまだ、帰ることができるけど。」

■作品構成[収録内容]
全篇:47分

・昼の部
1:出会い(2:54)……宿に訪れたあなたを紅花(こうか)がお出迎え。ですが、これまでと全く違う対応をされます。

2:散歩(3:42)……川辺まで散歩。紅花がどうしてそんな態度なのか、どういう人物なのかを教えてくれます。

3:川辺で休憩(5:32)……川辺でお茶。茶菓子もあります。季節を感じつつ、ぼぅっとしましょう。

4:思い出話と耳かき(9:08)……耳かきをしながら、宿についての話しを聞けます。あなたはあの宿がどういったものか、触りだけですが初めて知ることになるでしょう。

5:気が向いたら(2:47)……耳かきを終え、ゆっくり贅沢な時間を過ごすあなたと紅花。夜は気が向いたら……とあなたに任せるようです。

・夜の部
1:春分の火鉢(3:34)……気が向いたので紅花の部屋を訪れたあなた。小さな火鉢を一緒に囲み、肩を並べます。

2:耳舐めとお世話(15:31)……耳舐めとお世話。それ以外にも少し、たくさんお世話をしてくれます。

3:おやすみなさい(4:14)……お疲れ様でした、おやすみなさい。

■作品ポイント
・音量調整……音量を再調整しました。環境音小さめ、効果音はそれなり、声は大きく。

・全てバイノーラル……全篇を通じてバイノーラルで収録しております。目を瞑り、布団に横になり、音に集中して頂き、この世界に是非没入してください。

・優しい言葉使い……紅花の言葉使いは決して丁寧ではありませんが、その口調はとても優しく親しみがあります。これまでと違うキャラクター性、是非ともお聞きください。

■出演
紅花(こうか):北見六花様

■制作
サークル:うたかた
シナリオ,編集:尼子直次
イラスト:池谷神楽

■同人音声サークル「うたかた」Twitter
https://twitter.com/utakata2017

「【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 春分の火鉢【バイノーラル・癒やし】」の続きはこちら