「コミックマグナム Vol.127」(小野いたる)

コミックマグナム Vol.127

コミックマグナム Vol.127

作家: 小野いたる 中華なると 唄飛鳥 畠山桃哉 蒼沼シズマ ぼんど 雪國おまる 遠野すいか 青年ホルモン 遊人
ジャンル: 調教・奴隷 コミック誌 人妻・主婦 DMM GAMESサークレットプリンセス参加作家 独占販売 先行販売

「立ち読み」ページで読む

FANZAオリジナルマガジン『コミックマグナムVol.127』
フェチでハードでヘビーなタブーを犯す、アダルトコミック誌、今回も強力ラインナップで濃厚エロスがぎっしりですっ!!!!
表紙イラストは人気絵師・小野いたるが描く、乳房のほくろが艶気を盛り上げる、巨乳・ムッチリ太もものメガネ美女!!
今号で痴態を魅せる女達は、嫌った男に堕とされ続ける知的美女、夫のいる家で息子の友人と交わる人妻、かつての教え子に酩酊状態を晒す美女、夫の欲望に応えて黒ギャル化する若妻、部活の仲間に水着の中身を見せる競泳水着・美少女、隣人の若手リーマンに誘いをかける艶人妻、幼馴染みの前で教師にセックスをねだる美少女、バイトの後輩の精力を試す女先輩、欲望のまま老人に犯される美少女などなど!!
これはもう読むしかないでしょ!!!!!!
准教授亜砂子 〜美肉秘書化〜 第四話/中華なると
エロ市長・出鱈揉路(でたらもみじ)の昭年に流され、またしても挿入を受けいれてしまった准教授・汐実亜砂子(しおみあさこ)。厳粛な彼女から抵抗にゆるみが生じ、心身のこわばりを解き、快楽をストレートに受け始めてしまう。ヨガリの言葉を促すエロ市長に、半ば陶酔しきったように感じてしまう亜砂子は、ツられるように下品な言葉で快感を示して…ついにはあの四文字の言葉を口にしながらイってしまうのだった。明らかにセックスへの反応が悩ましくなった亜砂子へ、エロ市長のエロ責めが追撃が襲いかかる。おしゃぶりと媚び言葉強要、そして3Pへと…亜砂子はどんどんメロメロになってしまうのだった…。

まどろみとろみ 5話/唄飛鳥
隆の父が書斎で仕事しているというのにも関わらず、康太は律子のオナニー姿に我慢出来ず、律子とセックスしてしまう。さんざんお世話になってきた隆の家族を壊してしまうのではないか……と負い目から葛藤する康太は、律子に誘われるもその誘いを断るのだった…。一方その頃、康太の友人・隆は自分の母へ想いに次第に耐えられなくなっていた。ついには自分の彼女へ「別れよう」と告げる隆だったが、隆の恋人は「絶対に別れない」とこれを拒絶し、隆のさせるがままにセックスの誘惑をするのだった。流されるがままに彼女と破廉恥なセックスをする隆。ピストンしながらよがる彼女に隆はどこか母親の喘ぎを重ねて、隆はもっと激しく彼女を抱くのだった……。

へべれけな天使/畠山桃哉
久しぶりに地元に帰った谷本は、会えたらいいなと思っていた学生時代の憧れの真島先生に、偶然バッティングセンターで遭遇する。ひょんなことからそのままの勢いで二人でお酒を飲みに行くことになった谷本。真島先生は少し歳はとったものの、以前と変わらず美人で気さくでおっぱいも服からハッキリわかる程大きかった。セクハラ、パワハラが酷いから嫌なのよね〜とお酒のどんどん飲む真島先生は、谷本には楽しそうだが次第に大胆でエロく見えたのだった。酔っぱらった真島先生を部屋まで何とかおぶって送ると、先生はベッドですぐ寝てしまった。今見ても本当に美人でエロい…汗で女の匂いも……興奮する谷本はこっそり先生に近づく。すると先生は谷本に抱きついてキスをしてきた。「ちょっ…せんせ…」しかし真島先生は寝ている。もうダメだ!我慢出来ん!!谷本は先生の服を脱がし、憧れの先生のアソコに舌を入れ始めるのだった…。止らなくなった谷本はさらにエスカレートしててん…。

こんがり変身 ギャル奥様/蒼沼シズマ
家に帰ったら妻がこんがり日焼したギャルに変身していた……朝までは普通の妻だったのに。「どう似合ってる」と聞いてくる妻に「一体どうしたのか?」と尋ねると、スーツの内ポケットに風俗店のカードが入っていたという。「店の子みんなギャルだったのよね!?」と問われる俺は「付き合いで…特別ギャルが…」と苦しい言い訳をしようとしたら、妻は突然「だから今日からあなたの大好きなギャルになることにしました」と怒らずにあっけらかんと言ってきたのだった。隅から隅まであなた好みのがyルナのか確かめてと妻は玄関で裸になってアソコを開く。外側が変わっただけなのに、なぜ俺はこんなにも興奮してるんだ!? 俺は我慢が出来ずに妻にイラマチオをさせ、欲望のままに抱いたのだが……。

LOVE SWIMMERS /ぼんど
水泳部の補欠部員の尚哉は、いつかはレギュラーに昇格してやろうと放課後に一人泳ぎの練習をしていた。そんな尚哉の前に何故か女子水泳部のエース・霜月が現れる。
鍵当番だった彼女だったが、まさか自分の練習が終わるまで待っていたのだろうか…と尚哉は都合良く考えつつも、そんな事はないと思い霜月に帰る様に促すが、なんと霜月の水着に塗り立てだったベンチのペンキがついてしまっていた。ペンキを落とす為に霜月の身体を触る尚哉。触られて思わず変な声をあげてしまう霜月。お互いに緊張しつつ何斗かペンキを落としたものの、霜月は「まだ落ちてないところがある」と直哉に言いながら水着を脱ぎ自分のおっぱいを晒すのだった。霜月のおっぱいに股間を怒張させる尚哉だったが、そんな尚哉に霜月は抱きつきキスをして……。

孕ませ!! おすそ分け不倫妻/雪國おまる
引っ越し先のお隣さんは、色気ムンムン体ムチムチのエッチなフェロモン醸し出す人妻・秋奈さん。「コンビニのお弁当ばっかりじゃない」偶然ゴミ捨て場で鉢合わせした、一人暮らしの俺を心配してか今夜ご飯を作ってくれる、とのこと。夜遅く帰宅したのに、手料理を振る舞ってくれる秋奈さんにトキメキいたが、旦那さんは大丈夫なのか…?そんな俺の心配をよそに、秋奈さんは服を脱ぎ始める!「食欲を満たしたら次は性欲でしょ?」持て余した性欲を満たすため、ビショビショに濡れたアソコを俺の目の前に突き出して…。突然のことに驚きながらも俺の息子は正直。気づいた秋奈さんのお口で食べられてしまう。ペニスの皮も一緒に剥かれ、準備万端。据え膳食わぬは男の恥。ずっと密かに想っていた秋奈さんの体を堪能してやる!

夏の終わり/遠野すいか
幼馴染の律に想いをよせる新一は、彼女が県外の学校に進むことを知る。ずっと一緒にはいられない…。気持ちを伝えることを決意した新一は、下校時間を過ぎた校内に残る律と先生を見つける。進路指導室に入っていく二人の雰囲気に違和感を覚え、そっと教室を覗く新一。そこにはなんと、恋い焦がれた律が目隠しをして先生のペニスを奥まで咥えている姿が…!律の痴態に呆気にとられ、新一はどうすることもできず足早に帰宅。「先生に脅されてる!」長年一緒だったからこそ分かる、律からのSOSだと悟った新一は次の日、脅迫の証拠を抑えるべく教室にカメラをしかける。さらに、その場で律を助けられるようロッカーに隠れ、二人が現れるのを待つ新一。「証拠を抑えたらすぐに…」二人が教室にやってきて、脅迫の瞬間を目とカメラに焼きつけようとするが…。新一の目に飛び込んできたのは、自らスカートをたくし上げ、卑猥な言葉を並べて先生のペニスを懇願するあられもない律の姿だった。

危険が香るマドンナと…/青年ホルモン
大学のマドンナ的存在・撫子先輩にお近づきになるため、同じコンビニでバイトを始めた山村。しかし、一緒のシフトで働いてはいるものの、これといったチャンスは全く訪れず…。そんなある日、山村は休憩中に先輩のロッカー近くに落ちたインナーを見つける。先輩が帰ったことを確認し、そっと憧れの人の体臭と汗が染み込んだインナーを嗅いでいく。「な…何してるの?」堪能していた矢先、後ろを振り向くとそこには帰ったはずの先輩が…!?苦し紛れな言い訳を並べる山村にゆっくりと歩み寄る先輩。肩を掴まれ万事休すか…しかし、予想外な先輩からの熱烈なキス。胸を押しつけ舌もいれた、蕩けるほどの快楽に山村はもう先輩のなすがまま。「やっぱり山村君のおっきい」さらに先輩の淫語に耳を疑うも、ズボンを脱がされ、手慣れたフェラとパイズリでイッてしまう。普段の様子からは考えられない淫らな先輩との甘いひと時。マドンナが醸し出す危険な香りに、山村の運命やいかに…!?

肉洞窟(13)/遊人
「ハイジの中…白いアクリョウでいっぱいになったよォ!」
エロのマエストロが贈る、ハード・エロティックミステリー 第13話!
女たちに襲いかかる、男たちの陵辱の嵐! 性欲に従うまま遂に最年長の老人が、無垢な女の子・ハイジを騙して欲望を満たす!! 悪霊退治のウミを出すためと騙して、ハイジにセックスを持ちかけた老人は、無知と善意で挿入を許した彼女を突き立て、中にウミを出し尽くす。ハードすぎる責めにハイジは涙を浮かべて抵抗するが…。
一方、キャバ嬢のアゲハは極限状態での出産を果たそうとしていた。

★☆ オンラインゲーム CIRCLETPRINCESS に先生のイラスト収録中!☆★

メインキャラクターデザイン、シナリオ、サウンドに著名な
トップクリエーターを招いて生みだしたDMM GAMES渾身のスポ根!美少女バトルRPG。

さらにライバルキャラやサポーターキャラにも人気作家が多数参加し
世界観を更に引き立てます。

近未来で繰り広げられるMRスポーツ「サークレット・バウト」に懸けた
可憐なる乙女たちの手に汗握る青春群像活劇CIRCLETPRINCESSをぜひチェックしてみてください!

CIRCLETPRINCESSを今すぐチェック

⇒⇒⇒ いますぐ「立ち読み」ページで読む

「コミックマグナム Vol.127」の続きはこちら