「絶対封印指定(単話)」(宇行日和)

絶対封印指定(単話)


絶対封印指定(単話)

作家: 宇行日和
ジャンル: 単話 SF ダーク系 ファンタジー フェラ 騎乗位 巨乳 手コキ 中出し 美少女 aff対応

「立ち読み」ページで読む

単行本『絶対封印指定〜ともあれ獣耳●すべし〜』発売記念! 透過能力を持つケモミミお姉さんによ射精管理H!? 特殊管理下の元に収容されているヒロインジェラート、彼女の恋人であるキサカは管理局の名の元彼女の恋人として精液を提出する事を義務付けられていた。興味本位に除く少女達の前でむっちり乳房にとフェラにより射精してしまう。そして発情しきった彼女の蕩けマンコに挿入すると、彼女の透過能力により心臓が触れ合う程密着し、激しいピストンでジェラートを絶頂に導いていく――。

⇒⇒⇒ いますぐ「立ち読み」ページで読む

「絶対封印指定(単話)」の続きはこちら