「よめあね」(スタジオレイン)

よめあね

よめあね

サークル: スタジオレイン
サークルHP:
発売日: 2018年05月03日 16時
ジャンル: レトロ/耽美 着物/和服 ラブラブ/あまあま 日常/生活 処女

よめあね

▼ストーリー

あなたは、とある大きなお屋敷のお坊ちゃま。
小さな頃に母を亡くしましたが、忙しいながらもやさしい父と、
楽しくあたたかい使用人たちに囲まれ、すくすくと育ちました。
そんなあなたですが、このごろ、誰にも言えない秘密を抱えていました。

あなたの秘密……それは、覚えたての自慰行為です。
しかもまだまだ未熟なあなたは、「自慰行為」などという言葉は知らず、
ただただ快楽に目覚め、幾度となくその行為にふけっていました。

父が長期渡米をしているある夜、あなたはその自慰現場を、
メイド兼家庭教師である鈴子に見られてしまいました。

驚いて手をとめたあなたに、鈴子は行為を続けてほしいと懇願します。
いきなりの展開に戸惑うあなたに、鈴子はやさしく微笑みました。

「坊ちゃま。この鈴子に、すべてお任せいただけませんか?
「鈴子がすべて、教えてさしあげます。ご安心ください、
「旦那様から、許可もいただいております」

自慰行為、という言葉すら知らないあなたに、
鈴子はなにを教えてくれるというのでしょう……
そして、あなたのためにそこまでしてくれる鈴子の正体とは???

▼キャラクター

・鈴子
あなたのメイド兼家庭教師。

一流女学校を卒業したにも関わらず、使用人としてあなたの家にやって来た不思議な女性。
ふだんは年上らしいたおやかさとやさしさを漂わせているが、
家庭教師という仕事も兼ねているからか、身内のように厳しいときもある。

掃除や洗濯といったメイドらしい仕事にはかなり不慣れらしく、
よくドジをして、女中頭にしかられている。

たとえば「オムレツ」の由来や歴史、食べ方のマナーにはとても詳しいが、
いざそれを作れと言われると、とんでもないものが仕上がってきたりする。

▼音声内容

(1)プロローグ

「これからこの鈴子が、」
「坊ちゃまに、すべて教えてさしあげます」

再生時間:02:26

(2)手コキなどで実演しつつの、自慰行為の解説

「坊ちゃま……恥ずかしがらずに、お答えくださいませ。」
「おち〇ちんをいじると気持ちいいのですよね?」

「先日鈴子は、坊ちゃまがなさってることを見てしまったのです。」
「おち〇ちんを、しこしことして、はぁはぁといってる坊ちゃまを、見てしまったのです。」

「坊ちゃまはまだ慣れてらっしゃらないので、「射精」まで至らぬようなので、」
「この鈴子が、正しい「ますたーべーしょん」を、教えてさしあげます。」

「うふふ、「しゃせい」といいますのはね?(くすくす)お外に出て景色を描くことではありませんよ?」
「(ひそひそ)説明するより、ご体験なさってくださいませ、坊ちゃま♪」

再生時間:13:45

(3)初めての性教育→おなごのますたーべーしょんを実況しながらの性教育

「おなごもますたーべーしょんをいたします。」
「鈴子の、ますたーべーしょんを、御覧ください、ぼっちゃま?」

「坊ちゃまは手コキなどなさらなくっていいんですよ?これからは鈴子が、」
「ますたーべーしょんや射精のお手伝い、いたしますから。ね?」

「なるほど、これが射精というものなのですね。承知いたしました。」
「では次は「ふぇらちお」をいたしましょう?」

再生時間:10:40

(4)初めてのぱいずり、初めてのふぇらちお

「さあ、坊ちゃま?これから鈴子と、夫婦(めおと)になりましょう」
「夫婦(めおと)になるというのは、性行為をするということです。」

「性行為、外来語で、せっくすです。」
「ふふふ、言ってみてくださいな」
「……せっくす♪ はぁっ…そうです、SEXです。」
「それではいよいよ、坊ちゃま?鈴子とせっくす、いたしましょう。」

再生時間:12:27

(5)初めてのせっくす

「坊ちゃまは鈴子の夫となるお方です。」
「いずれ旦那様からこのお屋敷を、引継ぎ、たくさんの人間を使う身。」

「男らしく鈴子を貫いてくださいませ。」

再生時間:11:02

(6)初めての添い寝

「朝になったら、鈴子がオムレツを作ってさしあげますね?」
「まだまだ夜は、これからですけど……ね?坊ちゃま」

「えっ?ですがまだ正式に夫婦になったわけでは……はい。承知しました。」
「では、二人きりのときは、そう、呼ばせていただきます」

「今夜はずうっと、朝までずうっと、二人きりでいましょうね、あなた♪うふふふふっ」

再生時間:3:12

総再生時間:53:36

———————————————-

【シナリオ】
十七星様

【声優】
分倍河原シホ様

【イラスト】
海春様

———————————————-

「よめあね」の続きはこちら