「転校生に寝取られた母〜保健室は種付け部屋〜(単話)」(霜田猫丸)

転校生に寝取られた母〜保健室は種付け部屋〜(単話)

転校生に寝取られた母〜保健室は種付け部屋〜(単話)

作家: 霜田猫丸
ジャンル: 単行本 女教師 人妻・主婦 未亡人

「立ち読み」ページで読む

母は白衣をゆっくり脱ぎ捨て、一糸まとわぬ姿となってヤツに跪き、逞しく勃起したその性器を、丹念に舐め始めた…。
――俺の母は学園の養護教員、いわゆる保健の先生だ。
女手一つで俺を育ててくれた姉御肌の母親だが、最近なんだか様子がおかしい…。
それもこれも、イケメンだが冷たい瞳の男、鷺宮がこの学園に転校してきてからだ。
ある日、誰もいないはずの校内で俺は見てしまった…!
奴隷のように従順に股を開く母と…ためらいもなく母に性器を突き立てる鷺宮の姿を!
「なんで!?」「いつからこんなことに!?」
恍惚そうな母の表情に俺は…その行為をただ隠れて見ている事だけしか出来なかった…。

⇒⇒⇒ いますぐ「立ち読み」ページで読む

「転校生に寝取られた母〜保健室は種付け部屋〜(単話)」の続きはこちら