「借金のカタにヤりました。」(ピエトロ)

借金のカタにヤりました。


借金のカタにヤりました。

サークル: ピエトロ
サークルHP:
発売日: 2018年03月25日 16時
ジャンル: 少女 制服 寝取られ 中出し パイズリ 巨乳/爆乳

■あらすじ

『…いやっ!やめて…』

『カワイイなぁたまんないなぁ…ウヒヒ』

『ハァハァ…あああんっ!』

夜―。
田んぼが一面に広がる田舎道の端っこ。
草むらのなかでブ男にハメられている少女の声だ。

助けの声などどこにも届かない。
少女はただ抵抗をつづけていたが、
絶望の声とは裏腹にどこか本気が
感じられない抵抗がそこにはあった。

少女は理解していたのである。
受け入れなければいけない事実を。

『じゃ娘さんはボクのものってことで』

『…は…はい』

それは父親の借金だった。

それのカタに自分のカラダを
差し出さなければならないということ、
ブ男にマ〇コをズボズボとオモチャに
されるということ。

少女は地獄に落ちたような気でいた、
早く終わってと
ただそれなり抵抗するだけ。

しかし本当の地獄はそれだけではなかった。
裏切りというものがもうひとつのしかかっていたのだ。
その悲しみに打ちひしがれ、
抵抗する力が内から湧きあがらないのだ。

股を開きただゆさゆさと揺れるだけ。。

それは父親の裏切りだった。

『生娘買います』

というネットでみつけたブ男と契約をしたのだ。
借金500マンが帳消しになる条件を進めてしまったのだ。

『娘に何をしてもいい』という契約だ。

当然ながらそんな話は少女は知るよしもない。
勝手に売られたのだ。

『やッ!ちょっと何するんですか…』

『斎藤ケンジさんの娘さんですよね?ウヒヒ』

そしてソレは夜道でそれが実行されたのだ。

少女はハメられることをのみ、
父親の裏切りをのむ。

それを理解し、
フ〇ラパ〇ズリマ〇コチ〇コ
手〇キごっくん正常位バック騎乗位…

つぎつぎとオモチャにされ、
すべてをブ男に捧げ、
ヤられ、
ヤられまくる、

やがては抵抗も虚しく
少女の若く張りのある生き生きとしたマ〇コ内に
ブ男のドロドロ精子は発射される―。

基本24p、差分総数48p、PDF同梱、
となります。よろしくお願いします。

借金のカタにヤりました。 借金のカタにヤりました。 借金のカタにヤりました。 借金のカタにヤりました。

「借金のカタにヤりました。」の続きはこちら