「ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活」(ORCSOFT)

ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活

ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活

サークル: ORCSOFT
サークルHP:
発売日: 2018年12月07日 0時
ジャンル: おっぱい 主従 女王様/お姫様 ラブラブ/あまあま 淫乱 巨乳/爆乳

鴫山陽彦(シギヤマ・ハルヒコ)──あなたは、ブラック企業(事務用品小売業)に勤める冴えないサラリーマン。
今どき天然記念物ものの四畳半のアパートで独り暮らしをしており、肥満体で、そして童貞です。
性欲は人一倍あるのですが常に金がなく、そのせいで身なりを整えることもできないし風俗に行くこともできない。
毎晩くたびれ果てては家に帰り、栄養を補給するためだけの食事をして、泥のように眠る。その繰り返しの毎日。
掃除もできない部屋は荒れ果てて、まるであなたの心のなかを映しているかのよう。それでも、自暴自棄になって、なるようになれ!とプチンと弾けたりしないのは、穏やかで争いを嫌うあなたの生来の性格、善性を示すかのようです。

そんなあなたに変化が訪れたのは、ある日のことでした。
「狭苦しく汚らしい場所だな。原生生物の巣というのは本当のようだ」
いつも通りにおんぼろアパートに帰り、もそもそと布団に潜り込んだあなた。
その瞬間、あなたの部屋が凄まじい光の爆発と音の洪水に包み込まれます。
部屋に雷でも落ちたのかと、なかば呆然とするあなたの前に、見知らぬ人物が立っていました。

美人。見たこともないレベルの、文句のつけようのない美人です。ただ顔のつくりが整ってるだけではありません。
自らの容姿に対する自然な自信が、オーラのように全身から放射されています。その綺麗で色っぽい顔に、実に不満げな表情が浮かんでいますが、その表情は目鼻立ちの美しさを少しも減じさせてはいません。

そして――その胸です。それはそれは、見事な大きさでした。下品に言うならデカパイでした。
そんなに……?というくらいに、グラビアアイドルや巨乳AV女優も顔負けのド爆乳でした。
息を呑むほどの美人でなかったとしたら、あなたの視線はその胸元にだけ吸い寄せられて、そのまま何も目に入らないくらいの見事な乳房様でした。
おまけに、そのたわわな乳房様が形作る艶やかな曲線は、半ば以上露わになっているのです。

そのデカパイ自信満々美女は、普通はお目にかかれない、アニメやゲームの中から出てきたような奇抜で露出度の高いコスチュームに全身を包み込んでいます。頭から伸びている角のようなものは、コスチュームの一部でしょうか? まさか自前のものとは思えませんが──と、呆然とするあなたに、美女がずいと顔を寄せてきます。良い匂いです。甘く、艶めかしい匂いが暴力的なまでの芳しさをともなって鼻に飛び来んできます。

謎の女性──自称魔王様は、妖艶な笑みを浮かべると、舌をなめずりながらあなたを押し倒します。
なんでもあなたは魔王様が欲している魔力を、大量にため込んでいるそうなのです。

「やはりとんでもない魔力量ではないか……。こんなものをぶら下げておきながら何も知らないと言い張るとは……」

ガチガチに勃起したあなたのチ○ポを握りしめ、ニンマリと笑みを浮かべながら、魔王様は言いました。
元の世界に戻るため、枯渇した魔力を補給するため、あなたがたっぷりと溜め込んだザーメンをチ○ポから徴収すると宣言する魔王様。デカパイムチムチ魔王様の魔力補給用チ○ポとして、四畳半おんぼろアパートで搾り取られる毎日が、こうして幕をあけることになったのです。

ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活 ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活 ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活 ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活 ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活 ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活 ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活 ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活 ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活 ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活

「ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活」の続きはこちら