「淫欲の女将たち(単話)」(日月ネコ)

淫欲の女将たち(単話)

淫欲の女将たち(単話)

作家: 日月ネコ
ジャンル: 単話 温泉 女将・女主人 中出し 先行販売 aff対応

「立ち読み」ページで読む

中出し孕ませにこだわる日月ネコがお贈りする温泉旅館陵辱繁盛記連載最終話!!
老舗旅館「散華」の若女将として修行の日々を過ごしている彩萌(あやめ)は実の母の綾香(あやか)のような立派な女将になるには程遠いと思いつつ忙しい毎日を送っていた。そんなある日、一年振りに散華に現れたなじみ客の烏丸(からすま)会長に一人前の女将になるための最後の修行だとして中出しをされてしまった彩萌。散華が繁栄していたのは権力者たちと夜を共にする「裏接待」によるものだった。裏接待に馴れたどころか自らそれを望むようになった頃、山岸(やまぎし)と名乗る男が散華に訪れる。男から自分が実の父親だと打ち明けられ、成長具合を喜ぶ父の優しい言葉に涙する彩萌。全てを知っている彼は散華で行われている裏接待の真実を公表すると宣言し彩萌に女将を辞めるように伝えるが、連れ去ろうとしたその時、睡眠薬により体の自由が利かなくなってしまう。目を覚ますと山岸は宴会場で縛られており彼の目の前には烏丸と他の招待客の姿があった。そして彩萌と綾香は全裸姿で散華名物「母娘女体盛り」の盛りつけをされていた…。

⇒⇒⇒ いますぐ「立ち読み」ページで読む

「淫欲の女将たち(単話)」の続きはこちら