「ハーレム転生物語 〜巨乳への反逆〜(単話)」(悶々堂)

ハーレム転生物語 〜巨乳への反逆〜(単話)

ハーレム転生物語 〜巨乳への反逆〜(単話)

作家: 悶々堂
ジャンル: 単話 フルカラー ハーレム ファンタジー 巨乳 処女

「立ち読み」ページで読む

気が付けばそこは異世界だった。
まるで中世ヨーロッパ風の映画の中にいるような景色に大興奮する俺の前に、騎士長名乗る美女、カルデラが現れ…突如、死刑宣告を言い渡す!
慌ててその場から逃げ出し、森へと飛び込んだ…はいいものの、そこで遭難してしまった俺を救ったのは、エルフ族のビビだった。
彼女曰く、この国では男は奴隷同然の扱いを受けており、まともな人権など無いらしい。
信じられない話に愕然とする俺…するとビビは、反乱軍に『入ってくれればイイ事をしてやる』と誘ってきた!
死なばもろともとビビを襲う…その時、俺の意外な能力が発覚する!?
俺は果たして、この国の女達を変える事が出来るのか…!
この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。

⇒⇒⇒ いますぐ「立ち読み」ページで読む

「ハーレム転生物語 〜巨乳への反逆〜(単話)」の続きはこちら