「JKハーレム(単話)」(児島未生)

JKハーレム(単話)

JKハーレム(単話)

作家: 児島未生
ジャンル: 制服 単話 学園もの 妄想 108円均一 aff対応 女子校生

「立ち読み」ページで読む

もうろうとした意識の中、女子校生にハメられてしまった三十路の教師・阿良伊ヒロシ。翌日、目が覚めても若い娘のリアル過ぎる淫穴の感触はしっかり残っている。とはいえ自分は聖職者!間違っても淫行なんかするはずない。あれは俺の溜め込みすぎた性欲が見せた幻…と自らを納得させていたヒロシだが、ふと見るとテーブルにはJKが用意した朝食が!!そして夕刻、帰宅した少女は再びヒロシに迫ってきた。「汚したオモチャはキレイにしなきゃ、だめだよ?」スベスベの肌を見せつけてくるJKに、ヒロシの理性はまたしても崩壊する…。

⇒⇒⇒ いますぐ「立ち読み」ページで読む

「JKハーレム(単話)」の続きはこちら