「若き恋心(単話)」(如月邑)

若き恋心(単話)

若き恋心(単話)

作家: 如月邑
ジャンル: 単話 独占販売 先行販売

「立ち読み」ページで読む

僕の初恋の人、楓子さん。だけど、僕が通っていたサッカークラブのコーチの奥さんで、ただ憧れるしかなかった…。ある日、久々にコーチに挨拶に行ったら楓子さんと二人きりに。体を触ってくるから思わずアソコが勃起しちゃって…。「私みたいなおばさんが好きなのかなぁ」ズボン越しにシコシコしてくる楓子さん…。こんなのはダメだ…!と甘い誘惑に打ち勝とうとするも、「旦那は夕方まで帰らないと思うから」の言葉にノックダウン。舌を絡める大人のキスに、授乳手コキ(母乳はでないけど…)憧れの人との、肌と粘液の触れ合いに僕はたまらずイッてしまう。それでもまだまだ収まらない元気なアソコを見た楓子さんは、ゆっくりとパンツを下ろし…。人妻とのイエロー、いやレッドカード寸前の禁断の関係は果たして!?

⇒⇒⇒ いますぐ「立ち読み」ページで読む

「若き恋心(単話)」の続きはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする