「イッても止まらない絶倫教師と痴漢SEX〜我慢できずに満員電車で漏れる喘ぎ声〜(単話)」(桐生真澄)

イッても止まらない絶倫教師と痴漢SEX〜我慢できずに満員電車で漏れる喘ぎ声〜(単話)

イッても止まらない絶倫教師と痴漢SEX〜我慢できずに満員電車で漏れる喘ぎ声〜(単話)

作家: 桐生真澄
ジャンル: 単話 小柄 痴漢

「立ち読み」ページで読む

「なんで…先生…やめて…」――家庭訪問の為、担任と電車で下校していると、下半身を触られている感覚が…まさか、先生が痴漢!? 勇気を振り絞って振り返ったら、小さい子供がスカートを引っ張ていた。勘違いの恥ずかしさと申し訳なさで、私と担任は気まずい雰囲気に…。すると、またも下半身に違和感があり、どうせ子供だろうと思っていたら…担任の太い指が私のお尻を鷲掴みにしていて…――言葉では拒絶してるのに、何度もイジられ湿り気を帯びたアソコは、担任の指をグチュリと受け入れてしまい…。私の知らない敏感なポイントを突いてくる! 次第にグチュグチュという音は大きく激しくなっていき…「せ…先生、ダメッ!イっちゃう!」

⇒⇒⇒ いますぐ「立ち読み」ページで読む

「イッても止まらない絶倫教師と痴漢SEX〜我慢できずに満員電車で漏れる喘ぎ声〜(単話)」の続きはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする