「おっとりゆるふわ系で時々ツンデレちゃんに褒められマッサージして貰う話」(癒し音屋)

おっとりゆるふわ系で時々ツンデレちゃんに褒められマッサージして貰う話

にじよめ - 二元美少女専門ブラウザゲーム&ソーシャルゲーム ヒロイン絶滅計画

 

神乳×降臨☆ぷるるんヴァルキリーズ にじよめ - 二元美少女専門ブラウザゲーム&ソーシャルゲーム

おっとりゆるふわ系で時々ツンデレちゃんに褒められマッサージして貰う話

サークル: 癒し音屋
サークルHP:
発売日: 2018年05月29日 0時
ジャンル: 萌え ツンデレ 癒し ベタ/コテコテ バイノーラル 催眠音声

【本作品について】☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ご購入前に:
・バイノーラル作品ですので、イヤホンをしてお聞きください
・修正等が発生した場合、変更される場合がございます

作品について:
・本作品は癒しとマッサージをテーマにした音声作品です

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【作品本編抜粋】
「お帰りなさいませ、ご主人さま」
「本日も、お仕事お疲れさまでした」
「カバンとコート、お預かりいたしますね」

「え?どうしてご主人さまの帰宅時間がわかったか、ですか?」
「ふふ、わかるに決まっています」
「私はご主人さまのメイドなのですから」

「それよりも、今日は特にお帰りが遅かったのですね」
「それに、お顔の色も優れないようです」

「……お仕事がお忙しかったのですか?」
「私になにか出来ることがあればいいのですが……」

「笑顔で出迎えるだけでいいなんて……」
「ご主人さま、私を甘やかさないで下さい」
「私も何かご主人さまのお役に立ちたいんです!」

「ご主人さま、何か私にしてほしいことは無いですか?」
「私に出来ることなら、何だって致しますよ」

「え? なにが出来るのか、ですか?」
「う~ん、そうですね」
「ご主人さまのお望みなら、何でも叶えて差し上げたいのですけど……」
「……あ、よろしければマッサージなんてどうでしょう?」
「私、結構自信があるんですよ」
「この前、執事さんも『上手だね』って褒めてくれたんです!」
「私、ご主人さまに気持ちよくなってほしくて、頑張って練習もしておりました」

「マッサージでよろしいですか?」
「それじゃあ、頑張ってご主人さまのこと、気持ちよくさせて差し上げますね」

おっとりゆるふわ系で時々ツンデレちゃんに褒められマッサージして貰う話 おっとりゆるふわ系で時々ツンデレちゃんに褒められマッサージして貰う話

「おっとりゆるふわ系で時々ツンデレちゃんに褒められマッサージして貰う話」の続きはこちら