「ナマイキな妹が俺のセフレになった経緯(単話)」(IronSugar)

ナマイキな妹が俺のセフレになった経緯(単話)


ナマイキな妹が俺のセフレになった経緯(単話)

作家: IronSugar
ジャンル: 単話 巨乳 姉・妹

「立ち読み」ページで読む

夏休みのある日。
リビングでくつろいでいた妹(未来)は、兄が持っていた新品タブレットに目をつけた。

「タブレット新しいの買ったの?」
「いいなぁ〜ちょっと触らせて?」

押しに負けてしぶしぶタブレットを渡すと、未来は勝手にゲームを入れたり、私物化しようとする。
それに憤慨した兄は、妹の胸元に手を入れる。

「10秒以内に返さないと胸触るぞ?」

だが逆に妹に挑発し返される。

「いいよ?出来るもんならやったらぁ?w」

その言葉に後に引けなくなった兄。
意を決して妹の胸を触ると、そこにあったのは予想外の巨乳。

「す、凄ぇ!なんだこのボリューム。」
「お前って実は巨乳だったのか…。」

初めて女子の胸に触った兄は、夢中になってもみしだく。
その様子から、女性経験がないことがモロバレてしまう。
ウブな兄に呆れた未来は、少しでも女子に慣れさせようとこんな提案をする。

「お兄ちゃん、生でおっぱい見たことある?見せてあげようか?」

妹の気まぐれから始まった禁断の行為。

そのプレイは徐々にエスカレートしていき、ついに兄妹は最後の一線を越えてしまうのだった。

⇒⇒⇒ いますぐ「立ち読み」ページで読む

「ナマイキな妹が俺のセフレになった経緯(単話)」の続きはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする