「ハメられたJKたち(11) 弱みを握って強制えっち~ナマイキ姪っ子編~ フルカラーコミック版」(どろっぷす!)

ハメられたJKたち(11) 弱みを握って強制えっち~ナマイキ姪っ子編~ フルカラーコミック版

ハメられたJKたち(11) 弱みを握って強制えっち~ナマイキ姪っ子編~ フルカラーコミック版

サークル: どろっぷす!
サークルHP:
発売日: 2018年06月16日 0時
ジャンル: 制服 下着 処女

とある喫茶店にJK2人とおっさんが1人…おっさんの方である俺は異様な緊張感に包まれていた。

というのも一人目のJK、愛華とは相思相愛の仲。
もう一人のJKはその愛華のイトコであるという。
この千陽(ちよ)ちゃんという子は、なんと愛華の父親から俺たちを「エッチなことをしないように見張ってくれ」と頼まれたらしく、ずっと俺を睨んでいる。

「私がいる限り愛華ちゃんに手を出すのは許しませんから!」

最初はそう言って憚らなかった千陽ちゃんだったが、ラブホの風呂で愛華に何を言われたのか、急に俺たちのセックスを見たいと言ってきた。

「おじさんのっ…いつもより…んっ…おっきぃ…私の子宮に入っちゃいそうだよぉ」

ついいつもより激しいセックスになってしまった。
その日はそれで終わったがその一週間後、なんと千陽ちゃんが愛華のケータイを勝手に使って俺をラブホに呼び出したのだ!

「あの日からずっと一人エッチしてるの…なのに、おま●こうずうずしっぱなしで…っ」
「お願い…セックス…して…ください…」

そんな風に可愛く懇願されて我慢できなかった…

「やぁ…恥ずかしい…ひゃあぁっ!」
「あぁっそこっ…だめぇっ…はぁっ…んんっ!」

いけないとわかっているのに、それから俺たちは体を重ねるようになり…そしてなぜかまさかの3Pに!?
モテ期のおじさんはチ●ポがいくつあっても足りない!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
全ページフルカラー,セリフ付き!!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
—–
※本作品は、原作の本文・画像等を、権利者様から許諾を頂いております。
—–

ハメられたJKたち(11) 弱みを握って強制えっち~ナマイキ姪っ子編~ フルカラーコミック版 ハメられたJKたち(11) 弱みを握って強制えっち~ナマイキ姪っ子編~ フルカラーコミック版 ハメられたJKたち(11) 弱みを握って強制えっち~ナマイキ姪っ子編~ フルカラーコミック版 ハメられたJKたち(11) 弱みを握って強制えっち~ナマイキ姪っ子編~ フルカラーコミック版

「ハメられたJKたち(11) 弱みを握って強制えっち~ナマイキ姪っ子編~ フルカラーコミック版」の続きはこちら