「115系のあゆみ 第二章 スカ色の登場」(あきつしま)

115系のあゆみ 第二章 スカ色の登場

115系のあゆみ 第二章 スカ色の登場

サークル: あきつしま
サークルHP:
発売日: 2018年04月01日 0時
ジャンル: 電車

1966年、中央本線甲府-松本間の電化、初鹿野(現・甲斐大和)-笹子間などの部分複線化が完成した。
それとともに、電車特急あずさ号の運転が開始された他、客車列車置き換え用として115系0番台が中央本線に投入されることとなった。
当時中央本線を走っていた70系電車から受け継いだ横須賀色をまとい、クモハ・低屋根のモハを含む3両編成にサハ2両を挟む出で立ち。 上野口と同じ115系、同番台ながら印象の異なるグループとなった中央本線115系0番台の軌跡についてまとめます。

115系のあゆみ 第二章 スカ色の登場 115系のあゆみ 第二章 スカ色の登場

「115系のあゆみ 第二章 スカ色の登場」の続きはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする